ビジネス・クリックトップページへ
セルフSSご利用者様
セルフSSとは?
セルフSSの利用方法
Q&A
トップ >> 一般のセルフSSご利用者様 >> セルフSSの利用方法

セルフSSの利用方法

先にお金を投入するタイプか、給油後に店内で支払いをするタイプかにより、異なります。また、細かく言えば、支払方法(現金、カード、プリペイドカード)によっても違いますし、機器によっても使い方が違いますが、先にお金を投入するタイプの基本的な順序を示します。

1. 事前の確認事項
  • 自車の給油口が左側なのか右側なのか。
  • 自車の油種の確認(レギュラー、ハイオク、軽油)
  • 給油作業は、大人の方が1人で行って下さい。
2. 給油機の前に停車 給油機の前に停車し、給油口を開ける
  • クルマの給油口を開ける。
  • ドア・窓を閉める。
  • エンジン停止
  • 火気厳禁です(特にタバコ)
3. 操作パネル(支払方法の選択) 操作パネル(支払方法の選択)
  • 支払方法として、現金、クレジットカード、プリペイドカードのいずれかを選択します。ここでの操作は店舗(機器のタイプ)によって様々です。
4. 操作パネル(油種の選択) 操作パネル(油種の選択)
  • レギュラー、ハイオク、軽油のいずれかを選択します。
5. 静電気除去シートに触れてから、給油ノズルを持ち上げます。 静電気除去シートに触れてから、給油ノズルを持ち上げます
  • セルフSSでは、給油ノズルは色分けされています。レギュラー=赤色ハイオク=黄色軽油=緑色灯油=青色。(法令で決まっています)
6. 給油ノズルをクルマの給油口に奥までしっかりと入れます。 給油ノズルをクルマの給油口に奥までしっかりと入れます
  • 給油量メーターが“ゼロ”になったことを確認してから、レバーを握ります。給油が開始されます。
7. 給油終了
  • 給油が終われば、レバーを離し、ノズルを元の場所に戻します。給油キャップ、給油口の閉め忘れにご注意下さい。
8. 精算 精算(お釣り)
  • お釣りがある場合、その場でお釣りが出てくるタイプのモノもあれば、集中釣銭機の場合があります。集中式の場合の多くは、バーコードが印刷されたレシートが出てきますので、バーコードを集中釣銭機の読み取り部分に当て、お釣りを精算します。

以上が、おおよその手順になります。その他、店舗ごとの注意事項や禁止事項に従って下さい。

一般のご利用者の方にはあまり関係ありませんが、法令で定められた安全確認上、上記の操作は、監視室より目視、もしくは監視モニタによって監視しています。(特に5.、6.の時点)
また、“監視のみ”ではなく、6.の時点で、遠隔操作装置で監視者が“給油許可のボタン”を押すことによりはじめて給油が開始できる状態になります。

CopyRight(C) BUSINESS CLICK CO.,LTD. All rights reserved.